So-net無料ブログ作成

義母と戯れる秋 [・・・なこと]

 静養と称して義母が我が家に来ていた。

 朝目覚めると義母は台所に立ち、大きな鍋を丁寧にかき回していた。
「あれ?今回は静養じゃなかったんですか?」まるで魔女が大釜を混ぜているようですよという言葉はしっかりと飲み込む。
「楽しみにしてなはれ。パキさんが帰ってくるころには出来上がってますから」満面の笑顔で返してくれた。注目を浴びて機嫌が良くなったのか、鼻歌も始まる。その鼻歌が呪文のように聞こえますます魔女の様相を呈す。
 どちらかといえば料理は嫌いな義母。妻の出産で手伝いに来てくれたときも極力料理は避け、他の面でサポートしてくれていた。そんな義母が笑顔と鼻歌交じりで鍋をかき回している。いったい何を作っているのやら。

 帰宅時間はいつもの就寝時刻を過ぎていたが義母は起きていた。
 妻が晩飯の準備をする傍らで義母も例の鍋から何やらお椀に移している。しかして私の目の前に置かれたお椀は、薄い焦げ茶色をしたお粥のような物体で満たされていた。
「甘酒です。近頃の甘酒は酒粕で作るのでアルコールが残っていたりするけれど、本来は麹と米で作るものなで、小さな子供でも飲めるんですよ」
 そうだ、義母は最近塩麹にはまっていて、自作の塩麹を宅配便で送ってきてくれたこともあった。麹繋がりで甘酒に手を出したらしい。
「なんだか不思議な色ですね」見慣れない物を口にする前に疑問は解決しておくべきであろう。
「手順通りに作ったのだけれど、火力がわからなくて焦げちゃったのよ。初めてだとなかなか書いてある通りにはいかないわね」
「奈良では作ったことがなかったんですね。で、おいしいんですか?」本当に聞きたいことは、そのままずばり聞くことが異文化コミュニケーションの鉄則である。
「ええ、まあ・・・」
 あいまいな表現で真実を伝えられるのは日本人の美徳である。だいたいのところが判明したところで妻が助け船を出す。麗しい親子愛である。
「お姉ちゃんは全部食べたのよ。みっこは一口でやめたけど・・・そうそうご近所さんにも振る舞ったのよ」
 フォローになっていない。しかし味見後にご近所に振る舞う気になったのだから、それなりの味には仕上がったのか?はたまた我が家では捌ききれないという現実にご近所さんが巻き込まれたのか?

 ええい、うだうだ考えても何もならん。ままよ!

 なるほど、ご近所さんにお会いしたら丁寧にお詫びしよう。誠意を持って臨めば許されることの範疇に入っていることを期待して。

義母の生態が気になた方はこちらもどうぞ
>>義母と戯れる連休
nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(1) 

nice! 3

コメント 3

もっきー

どうせパキさんは一杯だけ飲んで、にっこり笑って『ごちそうさまでした』ってごまかしたんでしょ?
by もっきー (2012-11-08 23:23) 

kimiko

このタイトル好きです~w
好きな漫画「いじわるばあさん」とおまちゃんが妙にかぶるんですよねー(笑)

一日掛りで作ってくれた甘酒。。
やさしいパキさんのこと「お代わり」もしたにちがいない。^^;
by kimiko (2012-11-09 07:27) 

パキ

>もっきー さん
義母とは結構本音のお付き合いをしているんです。
一杯だけ飲んで、「まずい!もう一杯!」って体を張りました。
だいぶ余ってしまったので、義母が自宅に帰る時に水筒に入れてお土産にしてもらいました。

>kimiko さん
元東京都知事が演じていた役に似てる面は多いです!
でも意地悪ではないんです。

その場だけは、家族のテーブルを賑わす一品として楽しんだのですが、ほとんどは後日鳥さんへのプレゼントになりました。

by パキ (2012-11-11 23:25) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。